胸大きくする姿勢

日常生活の姿勢に気を付けて胸を大きくする

ほんのちょっとしたコツなのですが、日常生活上の姿勢によっても胸を大きくすることができます。例えばエクササイズでバストアップをする場合には、背中や肩にある筋肉を中心に鍛えます。胸を支える周辺の筋肉を鍛えることで正しい姿勢を維持でき、たるみを防いで美しいバストラインを維持できるのです。つまり、筋肉が衰えると姿勢が悪くなって胸を大きくするのが阻害されるということになります。

 

また、猫背などで姿勢が悪い人の多くは、肩甲骨の周辺の筋肉にコリが生じていますので新陳代謝が悪くなっています。このような状態が続くと、バストラインがたるんできたり、小さくなったと感じさせるようになったりします。意識して姿勢を矯正すれば防げることですが、姿勢の悪さが習慣になっている場合には、普段の生活の中でうつむいている時間を短くして、肩を引いて肩甲骨を正しい位置に保つことに注意を払うことで改善できます。正しい姿勢を保つことで胸を大きくすることは可能で、背伸びをしてストレッチする、ヨガの猫のポーズをとるなどの簡単なことでよいのです。