胸大きくする揉み方

揉み方のコツを掴めば胸を大きくすることができる

胸は女性のシンボルとも言える象徴で、小さいことを気にして思い悩んでいる人も少なくありません。大きくするには様々な方法がありますが、誤った方向で実施しても効果を得られないばかりか、たるみの原因にもなりますので注意が必要です。最もオーソドックスな方法はマッサージで、瞬時にサイズがアップするのを実感できますが、維持する他には継続して実行することがポイントとなります。

 

胸を大きくする揉み方はとても簡単ですが、準備段階を怠っては効果が半減しますので忘れない様に行いましょう。まずは、リンパに沿って優しくなでるようにマッサージをします。鎖骨の付け根にあるリンパ節から脇の下へ向かって撫でるように数回こすり下ろします。次に、胸と脇の下にあるリンパが集まっていてる部分を少し強めに押します。この時痛みを感じるようなら汚れで詰まっていて老廃物が溜まっていて血流が滞っている証です。無理は禁物ですが、痛気持ちいい程度の強さで左10回程度ぐるぐると回しながら押します。これによって胸に溜まっていた老廃物を排泄する準備ができ、老廃物が流れれば、たるみを改善することができます。

 

本番の揉み方はとてもシンプルです。手のひらでバスト全体を包んで優しくもみほぐしを20回程度行います。次に脇の下からバストの下に向かって撫で上げます。これも両側を均等に20回程度行います。最後にバストの周りを優しくさすってクールダウンです。揉み方はあまり強くしないことがコツで、リンパと血液の流れを良くした新陳代謝が良くなれば胸を大きくすることができるのです。